持続性のある金融商品を

お金を持つ人

証券会社では、その時に株式市場でテーマになっている関連株で投資信託を組んで発売しているところがあります。過去のテーマ関連の投資信託としてはデジタル情報革命関連や環境関連、新エネルギー関連などが販売されています。現在においてはフィンテック関連やロボット関連といったテーマ性のある投資信託が販売されるようになっています。そのようなテーマ性のある投資信託はインデックス連動の商品と比較すると、一時的に純資産が大きく増える特殊性が出ています。しかし、テーマ性のある投資信託は、設定が最も市場の関心を受けていることが多い点に注意が必要となります。したがって、テーマ性のある投資信託の購入時期は、時間を掛けて決断しても遅くない状況が生まれています。

証券会社では、その時々で株式市場でテーマになっている投資信託を次々に設定することが行われています。しかし、テーマ性のある投資信託はインデックス型と比較すると人気の持続性がないことは少なくないです。したがって、継続的な資産運用を行うにはインデックス型を選んだ方が無難になってきます。証券会社で販売されているインデックス型の投資信託特の特徴としては、比較的運用コストが低くなっていることが挙げられます。インデックス型は代表的な指数に連動させるだけなので、証券会社では信託報酬を下げています。また、インデックス型の投資信託は売買手数料がゼロとなるノーロード型が比較的多くなってきています。ノーロード型であれば、さらにコストを引き下げられるメリットが生まれてきます。

Copyright© 2017 投資信託を始めるときはきちんと証券会社を選ぶことがおすすめ All Rights Reserved.